中古カメラ売却手法であるカメラ買取を徹底検証

中古カメラを売却することになったときに便利な「カメラ買取」を徹底検証

デジタル一眼レフや古いフィルムカメラなど中古カメラを売却しようと思ったときに
どうやってどこへ売るのがベストなのかを徹底調査してみた。

中古カメラの売却ならカメラ買取を利用すべし!

 

今やネット上での個人売買サイトなどが活発化しており、
何もカメラを売るとなったときにカメラ買取店を使う必要無いと考える人もいると思います。確かにそれも一理あるんです。

 

個人売買ならネット仲介サイトに手数料だけ払うだけで売れるため
業者へ売るのと比較して高く売れる可能性があります。

 

でもね、高く売れると思って出品してみたら意外と高く売れなかったケースや
最悪購入者とのトラブルなんかもあるようです。

 

また、カメラ1台とか2台だけ売るなら個人売買もありなんだけど
それなりの台数があると出品して売る手間を考えると億劫だったりします。

 

カメラ買取を使うメリット

カメラを買取店へ売るメリットですが

◎すぐに現金化できる

◎売るときの手間が個人売買よりラク

◎売ったあとのトラブルがない

◎オークションサイトなどと違い売却金額が明確

とにかく高額で売却したい!

手間なんてどんだけかかっても良いから現金を最大化したい人は
買取ではなく、個人売買を利用すべきです。

 

しかし、それ以外の人はカメラ買取を利用して売るのが無難なんです。
とくに中古品カメラだとカメラ本体の程度によって価値は上下します。

 

売り手のあなたが程度良好と判断して売却しても、買い手の人は
程度が悪いと判断することも珍しくありません。

そりゃそうです。

買い手は安く買いたいからです。

 

そうなったときに金額交渉されることもありますし、
リターンされちゃうリスクもあります。

 

たとえば、カメラのちょっとしたキズやホコリ、カビがあった場合ですが
撮影には影響しないレベルという判断だとしても、買った側がこんなカメラはNGだと
するかもしれません。

 

こういった面倒なトラブル・やり取りを避けるためには
相当細かい部分まで含めて写真を撮って説明文に記載する必要あります。

個人売買オークションで
ノークレーム・ノーリターン」にすればOKでしょと思うかもしれませんが
そんな記載をしても文句言ってくる人はたくさんいます。

 

逆に申告をきちんとしてクレーマーは絶対NGみたいな記載をふんだんにすれば
変な人との取引を避けることできますが、今度は逆に買い手があなたを敬遠します。

 

結果として売却金額が伸びないというオチが待ってます。

だからカメラ買取を使うべきなんです!

カメラ買取を使って売った場合の流れ

 

まずは一番大事なのがカメラ買取査定です。
今現在の買取価格を査定で調べてもらいます。

 

査定に必要なのは、
「カメラの機種・付属品有無・カメラの程度」です。

 

付属品は購入時に付属してたものを全部揃えるのが基本です。
ケーブルなんかも欠品してるとマイナス査定になるので注意です。

 

カメラの程度ですがよほど酷い状態でなければ並品として査定してもらいましょう。
使った回数が少なくても保管状態が悪いとカメラ内部の状態が悪いこともあり、
外観上は綺麗なのに程度が△と評価されることもあります。

 

査定金額以上に売れる店を探そう

カメラ買取査定方法ですが、メール(電話)と現物によって信憑性が異なります。
メールや電話だとあくまで目安の査定となります。

 

カメラは精密機械なので保管状態が悪いとマイナス評価されますが、
メール査定ではカメラ現物を見てないため、程度の判断をすることができません。

なので、メール査定は目安となっちゃうのです。

一方、現物査定ならその金額が買取価格となります。